トップページ > 事務所案内 > 所長あいさつ

所長あいさつ

知的財産は、各企業等にとって極めて重要な財産であり、係る知的財産を如何にして保護し、また、活用するかにより、企業が発展するか衰退するかが左右されるといっても過言ではありません。
私どもが、このような重要な知的財産の仕事に関われることは責任重大ですが、非常にやり甲斐のあることであり、喜びであります。

私どもは顧客の要求に応えると同時に、喜ばれるようなご提案ができるよう努めております。

当特許事務所では、既に生まれている発明の明細書を作成し、特許出願して権利化を図る、
いわゆる発明を育てる業務は勿論のこと、発明を生み出す段階においても、お客様のお役に立てるようにと考えております。 

良い発明が生まれるか否かが企業の明暗を左右する時代、各企業共に良いアイデアを生み出す努力をしなければならないと思います。
勿論、良い発明を生み出すためには、発明者の能力が必要ですが、知的財産部門の協力も欠くことのできないものであります。
当事務所では、良い発明を生み出すためのご提案をすると共に、特許調査も行えるようにしております。

特許調査は、研究開発、特許出願、権利侵害等における特許戦略上非常に重要であり、特許調査の内容に基づき、 開発動向が左右され、明細書の特許請求の範囲、特許異議申立理由、特許無効理由等が決定されるものです。
  また、特許出願等における明細書作成にあたっては、発明者が創作した発明を如何に育てるか、即ち、 当該発明を膨らませて出願できるように心がけております。そのために、発明者との打合わせ時等に「このようなことも考えられるのではないでしょうか」というご提案をできるように努力しております。

勿論、発明に関する技術分野をある程度理解している必要があります。
このような明細書作成、特許調査等は、それぞれ関連しているものであり、これらを一貫して行えることは、それぞれの仕事の質等を向上させることができるものであります。
一方、グローバル化が急速に進んでいる現在の、国際市場において質の高い識別された商品・サービスを提供していくことが重要となっております。

そして、係る商品・サービスを顧客に対して識別、保証、広告する機能を有するものとして、商標の重要性が一層高まっています。

現に、優れた商品・サービスに付される商標は、いわゆる「ブランド」として国際的にも高い経済的価値を有すると評価されるようになっています。
このように、商品・サービスの個性や質の象徴としての商標を、企業は戦略的に活用しており、企業の国際展開に際しても簡易、迅速かつ低廉に商標の保護を図る必要性が高まっております。
係る観点から、当事務所では商標についてお客様の立場に立ったサービスをご提供できるよう努めてまいります。
例えば、商標出願時に適切な商標及び指定商品、役務のご提案ができれば、無用な出費をすることなく効果的に商標権を取得できるものです。

我々は、お客様の立場に立ち、微力ではありますが努力して行く所存であります。

佐野国際特許事務所
弁理士 佐野 弘

ページの先頭へ

事務所案内
Office Guidance