トップページ > 知的財産の種類

知的財産の種類 Types of intellectual property

  • 特許・実用新案
    Patent・Utility model

    特許・実用新案とは、自然法則を利用した技術的思想の創作をいいます。有用な発明・考案をなした発明者・考案者またはその承継人に対し、その発明・考案の公開の代償として、一定期間、その発明・考案を独占的に使用しうる権利(特許権・実用新案権)を国が付与するものです。 特許権・実用新案権は、無体物(物ではない、形のないもの)である発明・考案に排他的支配権を設定することから、知的財産権のひとつとされます。

  • 商標 Trademark

    商標とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、若しくはこれらの結合またはこれらと色彩の結合、音などであって、自分の商品・サービス(役務)と他人の商品・役務とを区別するために用いられるものをいいます。
    商標はトレードマーク(商品商標)とサービスマーク(役務商標)に二分することができますが、同じ商標が商品商標となったり役務商標になったりすることがあります。

  • 意匠 Design

    意匠とは、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます。
    ひらたく言えば、意匠とは物品の見た目・デザインに関するものです。
    意匠法は美感の面からアイデアを保護しこれを保護するものであるという点で、アイデアを技術的な面から保護する特許法・実用新案法とは保護の方法が異なります。